スタッフの声

出身校:女子美術大学 芸術学部 美術学科 日本画専攻

質問1:1-UPスタジオの採用に応募したきっかけは何ですか?
大学三年生の頃に学内で行われた1-UPスタジオの企業説明会に行ったのがきっかけでした。
社員の方にまだ作り途中のポートフォリオを見ていただいた記憶があります。
質問2:入社前と入社後のイメージを教えて下さい。
入社前のゲーム会社自体のイメージは、どの人も黙々と自分の作業に徹しているのかな?と、思ってました。
実際に入社したらそんなことはなくて、むしろ会議なども含め、話し合いやコミュニケーションの場がとても多く感じました。
みなさん和気藹々としているので、質問や相談も気軽に聞きにいけてとても助かってます。
質問3:入社して一番驚いた事は何ですか?
質問2でも答えましたが、話し合いの場がとても多いことです。
何となく思っていたゲーム業界のイメージに反して勤怠の管理がしっかりしている事にも驚きました。
質問4:学生時代にゲーム開発に必要なスキル(3D技術など)はお持ちでしたか?
まったく持っていませんでした(笑)。
大学では日本画専攻だったので、完全にアナログ人間でした。
デジタル絵は就職活動を始めてから少し触った程度で、3Dソフトは全く触ったことがなかったです。
質問5:普段の生活で仕事に役立つ事はありますか?
人や物をよく観察してます。
普段見ている物でもいざ自分でモデリングやアニメーションを付けようとすると、意外と難しかったりして、普段からしっかり観察するのは大事な事だと思ってます。
質問6:職場の雰囲気を教えて下さい。
他のゲーム会社さんの雰囲気はわからないのですが、キャリアの長短に関わらず意見を言うことができる雰囲気です。
若手でも臆することなく活躍出来る職場だと思います。
質問7:先輩や上司はどんな感じですか?忌憚の無い意見をお願いします。
本当に色々と教えていただいていますね。
業務以外でも何かと気にかけてくださるので、とてもありがたいです。
お昼休みとか、先輩たちと業務に関係ない話をしている時がとても楽しくて息抜きになっています。
質問8:仕事していく上で意識している事はありますか?
仕事だけではないですが、人との関わり方は業務において大事だと会社に入って改めて感じました。
質問9:普段ゲームはどれくらいやりますか?
普段からやっているというわけではないですね。
やりたいタイトルが発売されたらやるとか…昔から好きなゲームを唐突にやりたくなって休みの日にやる感じです。
質問10:自分に続く後輩たちへのアドバイスをお願いします。
3D技術も何も持ってなかった私がゲーム開発の仕事が出来るとは、就職活動している当時は思いもしませんでした。
なので、こんなアナログな私でもやっていけているので、諦めないで下さい!
ぜひ自信を持ってゲーム業界への道を突き進んでください。